Z会

  1. 教員採用情報のイー・スタッフ TOP
  2. コラム

コラム

  • Share

    Close

    • Facebook
    • Twitter
    • LINE
Share

Close

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

「社会保険」と「労働保険」の違い

求人広告などで「社会保険完備」「労働保険あり」といった言葉を見かけます。よく似た言葉ですが、違いをご存知でしょうか? 加入できる保険が違います まず労働に関わる保険には次の4つがあります。 ・「健康保険」 ・「厚生年金保 […]

詳しく見る

Share

Close

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

SDGsって?

「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」は「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。2015年9月の国連サミットの中で決められた、国際社会共通の目標です。 SDGsの目標 […]

詳しく見る

Share

Close

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

扶養の範囲内で働くってどういうこと?

多くの場合、家庭のなかで中心となって働く人の養っている配偶者・子・孫を扶養親族(被扶養者)といいます。被扶養者になるには「ある一定の収入以下であること」という条件があります。それがよくいわれる「扶養内で働く(扶養控除が受 […]

詳しく見る

Share

Close

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

服装や髪型で変わる印象の差

教員の身だしなみとは? 教員の服装や髪型に対して、生徒や保護者はどのような印象を持つのか。言うまでもなくその場にふさわしい服装=TPOが一番ですが、受け止め方は人それぞれですよね。 私学の場合は、その学校の考え方や教育方 […]

詳しく見る

Share

Close

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

私立中学・高等学校のイロハ

上記は文部科学省の調査による、令和元年度の学校数です。 ※リンク先で都道府県別の学校数の調査結果も確認できます。 ここではいくつかのタイプ別に私立学校の違いを解説していきます。 中等教育学校・完全中高一貫校・併設型中高一 […]

詳しく見る

Share

Close

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

模擬授業って何?

模擬授業の基本形式 教員採用試験の模擬授業は、実際に使用している教室を使って、3~5名の試験官に向けて10~15分ほど授業を披露するというものです。珍しいケースでは、生徒に対して実際に授業を教えることもあります。試験官は […]

詳しく見る

Share

Close

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

今どきの国際交流・国際理解教育

グローバル教育は もはや当たり前!? 現在の国際交流・国際理解教育には大きな流れとして次の4つが上げられます。 ● 海外研修…1週間〜10日間、海外に出て体験や交流をするもの。希望者には数カ月にわたるターム留学のプログラ […]

詳しく見る

Share

Close

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

オンライン英会話活用のススメ

オンライン英会話を活用して 英語4技能のスキルアップをめざそう! オンライン英会話は、インターネットを利用し、デバイスに搭載されているカメラとマイクを使って、英会話レッスンが受けられるサービスです。 インターネットにつな […]

詳しく見る

Share

Close

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

非常勤講師として働く― メリット・デメリット

非常勤講師のメリット 1 勤務時間が明確で、基本的に残業がない 非常勤講師の勤務時間は基本的に授業時間です。もちろん、準備や片付けの時間も必要ですから、それを含めて勤務時間が明確なのが非常勤講師です。これは専任教諭や常勤 […]

詳しく見る

Share

Close

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

非常勤講師という働き方

近年、さまざまな理由から、より積極的な選択肢として私学の非常勤講師を選ぶ人たちが増えています。多彩な経験や専門性を持つ人たちが教師として行き交う学校は、多様性のある職場です。生徒にこれからの社会のあり方を示し、「開かれた […]

詳しく見る

Share

Close

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

大学入試改革おさらい 英語編

そもそも、なぜ民間試験を活用するのか グローバル化の進む社会へと生徒を送り出す教師の立場からすれば、英語教育の重要性に異論を唱える人はほとんどいないでしょう。ところが2021年1月より始まる大学入試の新制度、特に英語民間 […]

詳しく見る

Share

Close

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

私立学校の採用スケジュール

教員採用試験の1次(筆記)試験が終わりました。これまでの試験対策、本当にお疲れさまでした。ところで、1次試験の結果発表や2次試験が始まるまでに「私立学校」に目を向けてみませんか? 私学の採用は夏から秋にかけてピークを迎え […]

詳しく見る

Share

Close

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

「不登校」について知っておきたいこと

文部科学省の調べでは、平成29年度、小中学校における不登校児童生徒の数は14万人と過去最多となりました。また、不登校には至っていないものの不登校傾向にある中学生は33万人いるという調査結果もあります。近年の研究では不登校 […]

詳しく見る

Share

Close

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

「いじめ」について知っておきたいこと

もし自分のクラスでいじめが起きたら…。先生なら誰しもそのように考えます。また、実際にいじめが起きたら、担任はその対応に頭を悩ませることになります。 「いじめはどの子どもにも、どの学校にも起こりうる」と国も認めており、私立 […]

詳しく見る

Share

Close

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

私立と公立、教員の働き方の違い

私立と公立、教員の働き方の違い

私立と公立、教員の働き方の違い 前回、公立と私立では給与体系が異なることを紹介しました。今回は採用職種を見ていきます。公立・私立に共通しているのは、定年まで働く「正規雇用」と雇用期限のある「非正規雇用」の形があることです […]

詳しく見る

Share

Close

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

公立と私立の給与の違い

公立と私立の給与の違い 

同じ教職でも公立と私立では給与体系は異なります。公立は公務員としての規定に基づいて、私立は学校や学校法人ごとの規定に基づいて給与が支払われます。 給与の話は社会人が生活基盤を築くうえで大切なポイント。初任給や手当の「額」 […]

詳しく見る

Share

Close

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

私立学校の教員を目指す人が知っておくべきこと

私立学校の教員を目指す人が知っておくべきこと

「教員」という職業は、採用主体から見れば大きく二つに分かれます。一つは、地方自治体が採用する公立学校教員、もう一つは学校法人が採用する私立学校(私学)教員です。 どちらも、児童生徒を対象に授業や生徒指導を行う点は同じです […]

詳しく見る

Share

Close

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

私立学校の教員ってどうやってなるの?

私立学校の教員ってどうやってなるの?

東京の教員の半分は私立学校で教えている いきなりですが、教員志望の皆さんに質問です。1都3県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)に私立学校はどのぐらいあるかご存知でしょうか。 だいたいの予想がついた人は、教員採用に対する […]

詳しく見る