1. 教員採用情報のイー・スタッフ TOP
  2. 教員研修・育成セミナー情報
  3. 私学教員内定者座談会

教員研修・育成セミナー情報

  • RRS
  • Share

    Close

    • Facebook
    • Twitter
    • LINE

私学教員内定者座談会

Share

Close

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2020卒の就活を控えた学生(および20代の教員志望者)を対象とした私立学校の採用対策セミナーを開催いたします。

来る3月9日(土)に、新年度から私立学校での勤務が決まっている各教科の先輩方をパネリストに迎え、就職活動の実体験をパネルディスカッション形式で話していただきます。

昨年も開催し、大変好評をいただいたセミナーです。

・どうやって学校を調べるの?
・自己アピールや志望理由の書き方で参考になったことはなに?
・やってよかった、やっておけばよかったことはなんですか?

など、内定を勝ち取った先輩たちの成功体験を直接皆様へお届けする年に一度のイベントです。

企業と私立学校の採用側の視点の違いなど、イー・スタッフの実績に基づいてお話しいたします。先輩やイー・スタッフ担当者に直接質問いただくことも可能です。

教員を目指すか迷われている方のご参加も大歓迎です。
皆様のご参加を心よりお待ちしています。

▼ 日時・会場詳細をみる

内定者からのメッセージ

私が私立の教員を目指すにあたって、1番不安だったのが、情報が少ないことでした。そんな中、トップネット私学教員養成所で、同じく私学教員を目指す人たちと一緒に頑張れたのは大きかったです。基本的な私立学校の募集についての情報や、仲間との情報交換、私立学校の教員による面接などを、体験できたおかげで、不安がかなり減りました。
私の体験が、皆様の中で、一つの具体例となってこれからの参考になれば幸いです。(数学・女性


1年前、私学教員になりたいという思いはありつつ、いつどのような準備をすればよいのか分からず、就職活動についての情報を得られればと思い内定者座談会に参加しました。先輩方のリアルな声を聞くことで、就職活動についてのイメージを明確にすることができました今回は、実際に就職活動を終えた立場として、少しでも皆さんの疑問や不安を解消し、私学教員について知ってもらえたら嬉しいです。(数学・女性


みんなそれぞれ何らかの理由で教員になりたいという強い思いがあり、こういったプログラムに参加していると思います。伝えたいことはたくさんありますが、一つに絞りたいと思います。
これから皆様にとって本当に大切なことは「学ぶ気持ちを決して忘れない」ということです特にトップネットでは、同じ教員を目指す者から学びを受けられるとても貴重な機会です。実際授業を見てもらい、教育を熱く語り合える場はここしかありません。本当に貴重です。ぜひこの場で多くの学びを受け、素晴らしい教員になれるようまずは教育実習から頑張ってください!!応援しています。(英語・男性


去年の二月、私は教員として働くことへの不安で胸がいっぱいでした。私学の教員として働きたいけど内定をもらえなかったらどうしよう、やっぱり公立の教員採用試験の勉強を始めた方がいいのかな、就職できる望みが薄いのであれば一層教員という狭き門を諦め、一般企業への就職活動も考えた方がいいのかな、など将来への不安と恐怖が常に自分の中にあり、前に進ずにいました。
しかし、去年参加したトップネットさんの研修や、その研修を通じて知り合った自分と同じような不安を抱えた教員志望の方々との交流がそんな葛藤を抱えている自分に将来に向かって進み出す希望を与えてくれました。トップネットさんの研修は、掴み所がなく漠然とした不安を抱えていた私学教員の就職活動をより具体的に考え直すきっかけとなりました。また、トップネットさんの研修に参加した他の教員志望の方々と将来の展望について語った経験は、教員という職業について考える貴重な機会となっただけでなく、教員という将来に不安を感じていた私にとっては心の糧となりました。
皆さんの多くは今将来への期待を抱くのと同時に、大きな不安を抱えていることかと思います。私もそうでした。しかし、行動して前に進まなければそこからは何も生まれません。今回の内定者座談者会が皆さんが夢に向かって一歩踏み出す勇気をつかむ一つのきっかけになることを願っています。英語・男性


【これから私学での勤務を目指す後輩たちへ】

多くの私立学校は経営がある以上、宣伝のために合格実績や偏差値等がつきまといます。昨今の入試改革や大学による定員削減に鑑みると、これらの維持は不安定なものとなるでしょう。経営は大事なことであります。しかし、どうか受験や実績のためではなく、子供たちの人格的成長のために教育があることを忘れないでください。生徒がおのおの、大学名や偏差値に縛られず、最も適当な進路へ進むことができるように手助けをしてあげてください。
受験産業の基準である「偏差値」という言葉から抜け出せる教育を目指して、同士として働ける日を楽しみにしております。

【私立学校で働くことに興味を持っている方へ】

私立学校は学校ごとに特徴が異なり、より自分の信念に近い場で働くことが可能です。進路を公立だけしか考えていなかった人も、少し調べれば興味のある学校が見つかるかもしれません。どちらがよいかはあなたしだいですが、幅が広がることは確かです。トップネットでは複数の私立学校を見学することができ、学校の雰囲気を肌で感じることができます。私立学校に興味のある方は参加してみてもよいのではないでしょうか。

【教員を目指すか迷われている方へ】

進路を教員へ定めることへの迷いの中に、自分に教員としての資質があるのか否かという不安があるかと思います。しかし、私は教員とは「自分が生徒を指導することへの確固たる自信」と「自分は教員であってはいけないという自己否定」という矛盾の上に成り立つものだと信じています。ゆえに、あなたのその迷いはよき教員へ成長するための構成要素の一つです。
自信に満ち溢れ、完璧である必要はありません。むしろ、完全でない故に、欠如しているものを必死に補おうと奔走する姿を曝け出すことが、生徒たちに生き方を気づかせる種となります。
今持つ迷いを大切に。その迷いを胸に抱えたまま、たとえ進路が教員でなくとも、信じた道へ突き進んでください。(国語・男性

日時: 2019/03/09(Sat) 14:00 ~ 17:30
会場: 〒102-0071 東京都千代田区富士見2丁目11−3 研究社富士見ビル

JR総武線「飯田橋」駅 西口改札口から徒歩約5分、
東京メトロ有楽町線、南北線「飯田橋」駅 神楽坂方面B2a出口から徒歩約5分
東京メトロ東西線「飯田橋」駅 A4出口から徒歩約5分
定員: 60名
料金: 無料
プログラム: ・オリエンテーション
・内定者座談会(19卒の先輩方)
・質疑応答
・個別対応

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。